【辛い肩こりがスッと楽になる】寝る前1分「脇の下伸ばし」

現代人の多くの人が抱えている肩こり。肩こりをほぐすには脇の下を伸ばすことも意外と大切です。お仕事の合間や寝る前に1分、隙間時間をうまく活用していきましょう♪では早速、脇の下を伸ばして安眠にも繋がる脇の下伸ばしのポーズをご紹介します。

肩こりになりやすい人とは?

どんな人が肩こりになりやすいのでしょうか。皆さんもチェックしてみてください。

✔︎長時間のデスクワークの人
✔︎スマートフォンを長時間見る人
✔︎本や漫画など読書が好きな人
✔︎運動不足の人
✔︎緊張しやすくストレスを感じやすい人
✔︎冷え性の人
✔︎痩せている人

いかがでしょうか? 一つでも当てはまる方は自覚が無くても、肩こり持ちかもしれません。

どうして肩こりになるのでしょうか?

前の項目で肩こりになりやすい人の特徴を挙げましたが、これらの方に共通していることは、猫背の姿勢になりやすいことと、血行不良です。

長時間のデスクワークや、スマートフォン、読書などしていると自然と頭が肩よりも前に出やすく肩が前に入りやすい猫背の姿勢になりますよね。人間の頭の重さは体重の1/10あると言われています。(体重が50キロの人は約5キロです)ボーリングの球くらいある頭の重さを首や肩が支えているわけですが、頭を30度傾けると、頭の重さの3倍以上に、60度傾けると6倍もの重さにもなる負担が首や肩周りの筋肉にかかります。

また、普段ストレスを感じやすかったり緊張状態が続くと肩周りに力が入りやすくなり筋肉が固まりやすくなることで血行不良に繋がります。運動不足の人や、冷え性の人、筋肉量の少ない痩せすぎの人も血行不良になりやすく、肩こりになりやすいと言えます。

肩こりの鍵となる脇の下を伸ばそう

肩こりを和らげようと、肩を動かしたりマッサージをすると思いますが、実は脇の下も肩こりに影響のある部位なのです。肩こりを改善するには、肩の筋肉が緩むように周辺の筋肉をほぐすことが大切です。全身の筋肉は繋がっていて、周りの筋肉が支え合っているからです。特に脇の下にはリンパや血液も集中している部分なので、脇の下の筋肉をほぐすことで肩周辺の血行やリンパの流れも良くなり、肩こりの解消に効果的です。また、脇の下をほぐすことで肩甲骨周りの筋肉も緩み、寝ている間に寝返りも打ちやすくなる為、快適な睡眠にも効果が期待できますよ。

隙間時間や寝る前1分脇の下のストレッチ

〈やり方〉

左手を右側の首に親指以外の指を引っかけます。次に息をゆっくりと吐きながら、左腕を外側にゆっくりと開いていきます。息を吸いながら、左腕を元に戻します。「開いて、戻すで、ワンセットとして、10回行います。右腕も同様に行います。」

 

次に左腕をゆっくりと回していきます。肘で円を描くイメージです。呼吸は、息を止めずに行って下さい。右腕も同様に行います。是非、日常で習慣にしてください(^^♪