眼精疲労の原因が自律神経の乱れって、知ってた?

  現代のサラリーマンにOLの皆さんにとって欠かせないツールがパソコンにスマホですね。ところが、この2大アイテムが眼精疲労の原因になっております。眼精疲労は目そのものの疲労ではなく、自律神経の乱れが原因です。眼精疲労は目の痛みやかすみ、充血などに加え、頭痛や肩こりを特徴とします。
 かつて眼精疲労は、目の水晶体の厚さを調節する毛様体筋とう筋肉そのものが疲弊することが原因と考えられていました。しかし、近年、毛様体筋への刺激を送る自律神経が疲れていることが分かったのです。解剖生理学的に、目と自律神経の関係では、近くを見るとき、は副交感神経が優位になり、遠くを見るときには交感神経が優位になります。
 では、どうしたらいいかというと、パソコン、スマホ、タブレットから、20~30分に一度はモニターから視線を外し、遠くを見ることで、焦点距離を変えて下さい。自律神経にかかる負担を減らすことで、眼精疲労を緩和させることができます。