マスク
マスク花粉症はアレルギー反応ですが、睡眠不足や疲労の蓄積などにより、自律神経が乱れると鼻水・鼻詰まり・目のかゆみといった症状を悪化させます。規則正しい生活を送り、自律神経バランスを整えて、花粉症の症状を軽減していきましょう♬

本来は体を防衛する自律神経

 自律神経は本来、体を守るために働きます。例えば、寒い時は交感神経が働いて、末梢血管が収縮して熱が逃げないようにする、湯舟に浸かり、寛いでいる時は副交感神経の働きでうとうとし、筋肉が緩むという感じです。
「花粉症は鼻水の分泌が増したり、鼻の粘膜が腫れて詰まったりします.副交感神経の働きが強くなるとこれらの症状が出やすくなりますが、交感神経と副交感神経のバランスが乱れていると、花粉症の症状を悪化させるのです」
「花粉症のシーズンは、寒暖差が大きく体に負担をかけ、鼻が詰まって熟睡できなかったり、異動や引越しなど新生活の慌しさなどで、ストレスが大きくなります。その結果、自律神経が乱れ、花粉症の症状を悪化させている人が多いのです」

乱れた自律神経を整えるには?

自律神経の乱れが花粉症を重症化させるのなら、自律神経を整えて花粉症の症状を軽減するにはどうしたらよいのでしょうか。

「夜は眠る前に40℃前後のぬるま湯に10〜15分ほど浸かり、体を温めてから眠ってください。自律神経のリラックスモードと呼ばれる副交感神経を優位にして安眠が期待できます」
自律神経のもう一方の戦闘モードと呼ばれる交感神経を優位にするには、朝の運動が効果的だと言います。
朝は自律神経が夜間の副交感神経から日中の交感神経に切り替わる(血管が収縮する)ため、両者のバランスが一時的に乱れ、症状が出やすくなると考えられています。熟睡できるように心がけて、切り替えがスムーズになるよう、日頃から自律神経が乱れないような生活を心がけるのがポイントです」新型コロナウイルスの感染予防で、テレワークや自宅待機という人もいて、運動不足になりがちですが、通勤時や室内での運動を心がけて下さい。
「また、夜更かしを避けて規則正しい生活をする。乾燥する季節なので脱水症予防に水分を補給する。朝ごはんをはじめ1日3食を必ず摂るなど、健康を維持することも花粉症を軽減することにつながります」
花粉症でも症状が重い人と軽い人がいます。自律神経を整えれば症状が軽減するかもしれません。生活習慣を見直して花粉症とうまく付き合っていきましょう。加えて、整体で定期的にコンディションを整えておくことも、非常に大事です。
気になるあなたは、こちらをクリックして下さい。