坐骨神経痛

坐骨神経痛は、脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアや骨盤の歪みによって発症することがあります。

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症背筋を伸ばした時や立ち続けた時など、同じ姿勢を続けた時に、お尻から足にかけて痺れが出ます。歩いている時に、お尻やふくらはぎに痺れが走って歩けなくなり、暫く休む事で再び歩けるようになる特徴があります。

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニア前かがみの姿勢になると、お尻から足にかけて痺れが出ます。

改善策

血流や筋肉の歪みを整体で整える事や過緊張を緩めることが必要になります。お悩みの方は、是非一度おひさま整体にご相談の上、施術を受けてください。