先日、足底筋膜炎の患者さんがお越しになりました。では早速、足底筋膜炎について解説していきます。かかとは、毎日人間の足にかかる圧力に耐えられるようになっていますが、使い過ぎて痛めると、足底筋膜の炎症を引き起こすのです。その結果、土踏まずに深刻な痛みが出ます。足底筋膜炎に苦しんだことのある人に会ったら、本当に地獄のように辛いと言われると思います。以下は足底筋膜炎になる危険性が高い要因です。かかとが痛むなら「足底筋膜炎」を疑おう

  • トレーニングのやり過ぎ(特に走行距離を急激に増やす)
  • ランニングシューズが合っていない
  • 硬い路面を走る
  • 地面の硬いところで長時間立ったり歩いたりする
  • 扁平足
  • 足の甲が高い 足底筋膜炎の痛みを軽減するのに一番手っ取り早い方法のひとつが、定期的に整体で筋肉を緩ませて、リラックスさせて、周辺の筋肉も筋トレで強化することです。また、自分の足にぴったりのランニングシューズや中敷きを履くことです。足の裏への負担が軽減して、だいぶ楽になるはずです。自宅でのケアとしては、足裏にタオルなどをかけ、ゆっくりと膝の方に引っ張るような簡単なストレッチです。足裏で木や壁などを押すようにしながらストレッチすると、ふくらはぎが伸びて、足底筋膜炎のような足の怪我予防に繋がります。