皆さん、今日は!おひさま整体の岩渕です。

今日ご紹介するのは、「ストレッチの種類」についてです。

ストレッチには「静的ストレッチ」と「動的ストレッチ」の二つに分類されています。

動的ストレッチ静的ストレッチ
筋肉の柔軟性と温度上昇目的可動域の向上・老廃物を流す
パフォーマンス向上・ケガの予防効果リラックス・疲労回復
複数方向動く方向単方向
高い強度低い
運動前タイミング運動後・就寝前

「静的ストレッチ」とは動かずに行うストレッチのことです。

一定方向にゆっくりと筋肉を伸ばしていき引っ張った状態を数十秒間キープするストレッチです。

疲労で縮こまった筋肉を伸ばすことにより血流を促進し、疲労回復させたり、リラックス効果があると言われています。お風呂上りに行うことで、体も温まっているので、普段より伸びやすいですし、習慣化もしやすいですね。デスクワークで凝り固まった、肩・腰周りをじわーっと伸ばすのもいいですね♪

「動的ストレッチ」は一連の動きの中で行うストレッチのことです。関節を動かしながら筋肉の伸縮を繰り返す方法や反動をつけて大きく動かす方法などがあります。

 このようにストレッチも目的に合ったものを的確に行い、特に寒い時期は怪我の防止や疲労回復を心掛けていきましょう。ストレッチで予防しながら、整体でコンディションを整えるのも大事ですね。気になる方は、こちらをクリックしてください。