今日は単なる筋トレでもストレッチでもない、新しい運動方法の「10秒ポーズ」。今回は、肩こりの解消、肩の柔軟性改善に効果のある「ロボットのポーズ」を紹介したいと思います。

すでに痛み、ゆがみのある方も、悲観の必要なし
「10秒ポーズは、いわば、大人のための運動学習ドリルです。何をくり返してきたかで、人の体は決まります。

体にはあなたの歴史がつまっていて、仕事、趣味、心のクセ、気持ちや感情、過去のケガや病気までもが、体に積み重なるように記憶され、無自覚なパターンをつくっています。

すでにもう、からだにゆがみや痛みがあるとしても、悲観することはありません。それはあなたの勲章であり、わが身をかえりみないほどに、誰かのためにがんばって生きてきた証なのです。

しかし、こんなものだとあきらめていた体の回復力を上げることは可能です。その場合、もとの体に戻りたいと考えるのではなく、これから新しい自分に生まれ変わっていくのだという気持ちで体操を続けてみてください」

10秒ポーズを覚えたら、ほかの運動にも役立つ
「体づくりを始めることは、新しい人生をはじめること、と言っても過言ではありません。10秒ポーズを続けていくと、体がよみがえり、力が宿ってくるのを感じると思います。なんだか活力が湧いてきますので、自信に満ち、生きるのが楽しくなります。

毎日の暮らしがそのままトレーニングとなり、体が強くなり、軽くなっていくのを実感しはじめると、面倒だった掃除や通勤さえも楽しい趣味に変わってくるでしょう。また、10秒ポーズは運動や動作の基礎、基本ですから、一度覚えたら、ほかのエクササイズを始めるときにも役立ちます。」

肩甲骨まわりの筋肉をほぐすロボットのポーズ
「壁に背中をつけて立ち、肘を90度に曲げて肩の位置に。手の甲を壁につけて3秒数えます。

このポーズは見るのと実際とは大違いで、多くの男性は、なかなか壁に手の甲がつかないと思います。私の理学療法士仲間の先生でもつかなった人がいます。

でも、続けて行っているうちに動きに幅が出来てきます。決してつらくはないポーズですのでリラックスして行ってみてください。

そして、肘の位置はそのままで手を下げ、指先を壁につけ7秒数えます」

毎日続けることで、40肩の予防にもつながるロボットのポーズ。肩の痛みが辛い人はぜひ試してほしいですね。

おひさま整体